村田雄浩さん&高杉真宙くんが電車で読書するCMの目のサプリはコレ!

小さな文字にピントと合わなくて読書にひと苦労・・・

 

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

 

テレビで電車のなかで、俳優の村田雄浩さんと高杉真宙くんが読書している場面のCMが流れていますが、
中年で骨太のがっしり系の村田雄浩さんと、若くて華奢のキレイ系めの高杉真宙くんという対比と、
村田さんのさりげないコミカルな演技、そして独特のBGMが印象的で、思いのほか頭に残りますね。広告主の思うツボです(笑)。

 

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

 

このCMは、ファンケルさんの「えんきん」という目のサプリメントの広告です。

 

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

 

その目のサプリCMはこんな内容です。

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

電車の中で、村田雄浩さんと高杉真宙くんが隣り合わせで読書しています。村田雄浩さんは、細かい字が読めずに、本を遠ざけたり近づけたりして、目のピント合わせに苦労しています。そのとき、ふと隣の高杉真宙くんが読書している様子をみて、「若い人はどうして平気なんだろう?」と心の中でつぶやきます。村田さんの視線を感じた高杉くんと目があって、気まずい雰囲気が漂う・・・。

 

村田さんの本の動かし方がちょっと大げさな気がしないでもないですが、
「そうそう自分も本や新聞を読むときにやっている」と、
共感を覚えられた中高年の方は多いのではないでしょうか。

 

これは、目のピントが合いづらくなる典型的な老眼の症状ですね。

 

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

 

老眼は45歳前後になると自覚する人が急増します。その原因は、

 

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

 

「目の筋肉は歳をとる」からです。

 

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

「毛様体筋」という目の筋肉が老化して、
眼球でレンズの役割している水晶体の厚さをスムーズに調節できなくなって、
目のピントが合いづらくなるのです。

 

老眼は病気ではなく老化現象なので、
程度の差はあっても、誰もがCMの村田雄浩さんのようになります。

 

そして、残念ながら老眼は治らないので、高杉真宙くんの状態に戻りません。
でも、ピントが合いづらい症状を軽くしたり、進行を遅らせることはできます

 

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

 

その効果が期待できる目のサプリメントがファンケルの「えんきん」です。

 

私も40代に入ってから、目のピントが合いづらさが気になってきたので、「えんきん」を摂りはじめました。
すると、3週間目すぎたころから改善を実感しました。今も続けています。
あなたもCMのなかの村田雄浩さんのような症状でお困りなら、目のサプリ「えんきん」で解消できるかも知れません。

 

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

高杉真宙くんのような若い世代の間で、「スマホ老眼」が広がっています。若い人でスマホを使ったあとしばらく目のピントが合いづらいことがよくあるようなら要注意です。

「スマホ老眼」とは?

目のサプリ「えんきん」は安くお試し購入できます!

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ

CMでは触れていませんが、ファンケルの「えんきん」が初めての方は、4週間分が1,000円でお試し購入ができます。

 

「えんきん」の臨床試験の結果では、4週間で改善とうたっていますので、ちょうどお試し分で効果を確認できます。サプリの効果が実感できれば、そのあとも続けてみてください(自動継続にはなりません)。

 

詳しくはファンケル「えんきん」の公式サイトで確認ください!

 

村田雄浩,高杉真宙,CM,電車,読書,目,サプリ