ファンケル「えんきん」のピント調節成分はルテインだけじゃなかった!

ファンケル「えんきん」の成分は目のサプリには良いモノが結集

ファンケル,えんきん,サプリ,ルテイン,成分,栄養素

ファンケルの目のサプリ「えんきん」は、4つの成分の総合力で、
目のピント調節力を改善させるのが大きな特徴です。
実際に4週間でピント調整力が改善したという臨床試験の結果が公開されいます。

 

その4つの成分とは、目を守る注目の栄養素「ルテイン」や、
目に良い食べ物の代表ブルーベリー(ビルベリー)に含まれる「アントシアニン」、
そして「アスタキサンチン」と「DHA」です。
単独でも目に良い働きある栄養素ばかりです。

 

 

 

ルテイン(1日2粒あたり10mg)

 

ファンケル,えんきん,サプリ,ルテイン,成分,栄養素

「ルテイン」は、最近問題になっているパソコンやスマホの画面から発せられる「青色光(ブルーライト)」による目の悪影響を防ぐとして注目されている成分です。ほうれん草やケール、とうもろこし、ブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれていて、植物が光合成をおこなうときに必要な色素です。人間の体の中では、目でレンズの役割をしている「水晶体」や網膜にある眼球で最も光が集まり視力を支えている「黄斑部」に多く存在していて、ブルーライトなど目を有害な光や活性酸素から守り、その健康を保ち、老化や病気を予防する働きをしています。

 

シアニジン-3-グルコシド(1日2粒あたり2.3mg)

 

ファンケル,えんきん,サプリ,ルテイン,成分,栄養素

聞き慣れない難しい名前ですが、「アントシアニン」の種類のひとつです。アントシアニンは植物に含まれる紫系の色素で、ブドウ、ブルーベリーやビルベリー、黒大豆などに含まれる植物の光合成によって生成されるポリフェノールです。なかでも、ビルベリーに最も多く含まれています。アントシアニンには抗酸化作用や免疫向上作用など様々働きがありますが、特に目の健康を維持する働きが大きく、疲労や加齢で低下する、視神経の働きを支える「ロドプシン」という目の網膜にあるタンパク質の働きを促進して、目の疲労回復や暗い場所での視力順応などに効果を発揮します。

 

アスタキサンチン(1日2粒あたり4mg)

 

ファンケル,えんきん,サプリ,ルテイン,成分,栄養素

「アスタキサンチン」は、サケやイクラ、タイ、エビなどに含まれる成分で、動植物が持っている自然界に存在する色素カルテロイドの一種で、強い抗酸化作用があります。脂肪に溶ける性質をもつため、栄養が届きにくい目の奥など細部にまで入り込むことができるため、眼精疲労の改善作用があります。また、目の網膜や黄斑部に存在し、目の中にできた活性酸素を取り除き、目のダメージからも守っています。

 

 

 

DHA(1日2粒あたり50mg) 

 

ファンケル,えんきん,サプリ,ルテイン,成分,栄養素

「DHA(ドコサヘキサエン酸)」はイワシやサンマなど青魚に多く含まれ、脳の働きをよくする成分として知られていますが、目にとっても大切な成分です。目で見た情報を視神経を通じてを脳に伝える仕組みは、脳の情報伝達のそれと同じなので、DHAを摂ることで、視力の改善などの効果を期待できます。

 

【参考文献】「サプリメント健康辞典」(一般社団法人日本サプリメント協会、集英社、平成27年)

 

 

 

 

ファンケル,えんきん,サプリ,ルテイン,成分,栄養素

ルテイン+アントシアニン+アスタキサンチン+DHA

「えんきん」の4成分パワーを試してみました!

 

ファンケル,えんきん,サプリ,ルテイン,成分,栄養素