ファンケルの機能性表示食品「えんきん」は他の目のサプリと何が違う?

「えんきん」に表示してある「機能性表示食品」って?

ファンケル,えんきん,サプリ,機能性表示食品

「毎日のくっきり、はっきり生活に。」

 

「『見る』を助けて、すっきりへ.。」

 

「クリアな生活習慣をサポート。」

 

これらは、目のサプリメントの広告などに実際に書いてある、
このサプリを摂るとこんなメリットがありますよと謳っている文言なのですが、
とても漠然としていて曖昧な表現です

 

消費者にとっても分かりにくくて、イメージで商品を選ぶしかありません。

 

これは、サプリは薬ではなく食品なので、
サプリが体にどんな働きをするのかということ(=機能性)を表示してはいけない
薬事法や健康増進法などの法律で禁止されているという理由からです。

 

しかし、サプリの中でも機能性を表示してよいものがあります。
それは「トクホ」でお馴染みの「特定保健用食品」や「栄養機能食品」、
そして、ファンケルの「えんきん」「スマホえんきん」などの「機能性表示食品」です。

 

保健機能食品制度

 

ファンケル,えんきん,サプリ,機能性表示食品

特定保健用食品(トクホ)

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、表示されている効果や安全性について国が審査を行い消費者庁長官が許可してる食品

 

栄養機能食品

すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量を含む、一日に必要な栄養成分の補給や補完ができる食品。届出なしに国が定めた表現によって機能性を表示できる

 

機能性表示食品

事業者の責任において、販売前に安全性と機能性の科学的根拠に関する情報を消費者庁長官へ届け出た食品

 

機能性表示食品とは

 

ファンケル,えんきん,サプリ,機能性表示食品

この「機能性表示食品」は、国が定めたルールに基づいて、
メーカーが食品の安全性と機能性(身体への働き)の科学的な根拠に関する情報を
消費者庁に届け出けることで、その機能性を事業者の責任で表示ができる食品のことです。
平成27年4月から始まった制度です。

 

 

 

ファンケル,えんきん,サプリ,機能性表示食品

機能性表示食品は、機能性を具体的に示すことができるようになるので、
たとえば、ファンケルの「えんきん」では、

 

「ルティン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれているので、
手元のピント調整機能を助けるとともに、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。」

 

と表示されています。

 

冒頭に挙げた一般のサプリの曖昧な文言に比べると断然分かりやすいです。
あわせて、その根拠になる臨床試験のデータなどが公開されています
消費者庁やメーカーの公式サイトで確認することができます。

⇒「えんきん」の機能性関与4つの成分

 

 

機能性表示食品の注意点

 

ファンケル,えんきん,サプリ,機能性表示食品

機能性表示食品は、先に触れた通り、特定保健用食品(トクホ)と違って、
安全性や機能性について国が審査し許可したものではありません

 

良くも悪くも事業者(メーカー)次第です。
科学的根拠の公開データも事業者によるものだけなので、
第三者が見ると見解が分かれたりもします。
このため、制度としては中途半端な感は否めません。

 

しかし、機能性表示食品は普通のサプリ(一般食品)よりも、
メーカーの責任がより重くなる一方、商品を訴求がやりやすくなります。

 

一般のサプリがダメというわけではありませんが、消費者にとっては、サプリの機能性が分かりやすいので、
よりモチベーションやイメージをもって取り組めるメリットは大きいと思います。

 

 

ファンケル,えんきん,サプリ,機能性表示食品